トップページ管理会社をお探しの方へマンション管理についての基礎知識管理費等と修繕積立金

管理費等と修繕積立金

管理を行う費用は区分所有者が負担します。

管理を行うには様々な費用がかかります。その費用は区分所有法により区分所有者全員が負担することとなっています。その負担する費用が管理費や修繕積立金などです。それぞれの区分所有者の負担額は、管理規約に定めてあります。ただし、収支のバランスが崩れた場合には、必要に応じて負担額を見直すことも必要になってきます。

管理費の滞納は、他の区分所有者の迷惑となります。

管理組合の貴重な財源である管理費などは、区分所有者が1人でも支払いを滞らせると、管理組合の収支が圧迫され、管理業務が予定通りに実施できなくなる恐れがあります。他の区分所有者にも多大な迷惑をかけることになりますので、管理費などを滞納しないようにしましょう。

管理費(日常の管理を行うための経費)

共用部分や敷地の日常的な管理を行うために必要な経常的費用として、管理組合が徴収し、次の用途に使用されます。
共用部分の電気料、水道料
共用部分の損害保険料
日常小修繕費
管理用備品・消耗品費
管理組合の諸経費
植栽管理費
管理委託費
管理会社に委託した業務にかかる費用

各種使用料(駐車場使用料や専用庭使用料など)

駐車場や専用庭などを使用する区分所有者は、管理規約に従って各種使用料を支払う必要があります。
これらの使用料は一般的には管理費に充当されます。

修繕積立金(大規模修繕工事の備え)

今後、計画的に実施しなければならない大規模修繕工事の備えとして、管理組合が徴収し、積み立てておきます。なお、購入時に徴収する修繕積立基金も、その一部です。
定期的、計画的に行う大規模修繕費用
※ 計画及び費用については、定期的に見直しが必要です。

トップページ管理会社をお探しの方へマンション管理についての基礎知識管理費等と修繕積立金

ページの上へ