トップページ管理会社をお探しの方へマンション管理についての基礎知識専有部分と共用部分

専有部分と共用部分

住戸部分を専有部分といいます。

マンション内の住戸部分(店舗なども含む)のことを専有部分といいます。また専有部分を所有している人のことを区分所有者といいます。

専有部分以外の建物部分を共用部分といいます。

マンション内の専有部分を除いたすべての建物部分を共用部分といいます。共用部分は、区分所有者全員で共有しています。
例えばマンションのエントランス、廊下、エレベーターはもちろん、建物の構造部分にあたる壁、床、天井、柱なども共用部分です。

専有部分と共用部分の境界。

戸界壁や床スラブなど構造部分も共用部分です。

マンション全体を支える構造部分は、壁、床、天井、柱も共用部分です。それらの表面から部屋内が専有部分です。
したがって戸界壁に穴を開けたり、釘を打ったりするなど、構造体を傷つけることは、マンション全体に悪影響を及ぼすため、行ってはいけません。

玄関扉や外気に面する窓ガラスも共用部分です。

玄関扉・扉枠、外気に面する窓ガラス・窓枠も共用部分です。 例えば、玄関扉の外側の色を個人的に塗り替えたり、玄関扉や窓ガラスに看板などの広告物を掲出したりするなど、マンションの外観を乱すことは行ってはいけません。
また、透明ガラスからすりガラスに変更するなど、これらの材質を変えることも行ってはいけません。

専有部分と共用部分の境界。

特定の居住者が使用する共用部分を、専用使用部分といいます。これらはバルコニー、玄関扉、窓などがあります。この部分の管理と補修は、そこを使用している所有者が行うことになっています。
例えば、窓ガラスが割れた場合は、原則としてその部屋の区分所有者の負担で修理や取り替えを行います。

敷地は区分所有者全員で共有します。

マンションの敷地は、共用部分同様に区分所有者全員で共有しています。また、敷地にも専用使用部分があります。敷地の専用使用部分には、専用庭などがあります。これらは、もちろんマンションの一定のルールにしたがって使用しなければなりません。

駐車場は共用部分です。

駐車場は、多くの場合区分所有者個人の所有物ではなく、共用部分となっています。簡単に言えば、管理組合から借りていることになります。ですから、区分所有者の意思で勝手に売却したり、転貸したりすることはできません。
また、一般的には、住戸を売却した場合、新しい区分所有者にその使用する権利を譲渡することはできません。駐車場に関する継承方法や使用方法は、マンション毎に異なり、管理規約や駐車使用契約書に規定されていますので、よく目を通してください。
なお、分譲駐車場の場合はこの限りではありませんが、その取り扱いについては管理規約や細則に規定されており、ほとんどの場合区分所有者が自由に処分することはできません。駐車場の取り扱いにあたっては必ずマンション毎のルールを確認するようにしましょう。

トップページ管理会社をお探しの方へマンション管理についての基礎知識専有部分と共用部分

ページの上へ