トップページ管理会社をお探しの方へマンション管理についての基礎知識長期修繕計画

長期修繕計画

建物を長持ちさせるため、長期修繕計画は必要です。

マンションはコンクリートの頑丈な建物ですが、半永久的な建物ではありません。年月を経るごとに、鉄部が腐食したり外壁が傷んだり、老朽化がどうしても進んでしまいます。また給水ポンプや配管など設備にもサビや故障が発生することがあります。マンションの劣化、老朽化を遅くするため、日常の維持管理はもちろん、適切な時期に、かつ計画的に修繕をしなければなりません。そのためには、修繕周期はある程度定められているものの、立地条件や設備の稼働率などがそれぞれ異なるため、長期修繕計画も早めの見通しを行いながら計画しなければなりません。

トップページ管理会社をお探しの方へマンション管理についての基礎知識長期修繕計画

ページの上へ